昨日、2月13日(土)23時08分頃、宮城県と福島県でマグニチュードは7.3、最大震度6強を観測する地震が起こりました。
3.11から10年を迎えようとしていますが、心に受けてしまった傷がまだまだ癒えていない東北の人々に追い打ちをかけるような昨夜の地震。
3.11の地震がフラッシュバックし不安と恐怖で眠れなかったり、目眩や動悸が続き苦しみを覚えている方々がいます。
また、停電をしている地域も多くあり、明日からは低気圧の影響で天気も崩れます。
地震により地盤が緩んでいる地域では少しの雨でも地滑りや雪崩が起きる二次災害が懸念されています。
二次災害が起きないよう、これ以上大きな余震が起こらないように。
避難所に避難している方々もいますので、コロナによる感染拡大からも守られますように。
そして、イエス様の平安と回復が東北の人々の心に訪れますようお祈りください。